【トレステ】簡単な分析テクニックを自作してみよう【初級編】ーPart3ー値幅、前日の値幅、値幅5日平均、20日平均を表示する。



値幅、前日の値幅、値幅5日平均、値幅20日平均を表示する。デイトレ等で値幅が大きい銘柄を選びたい時、使えるインジケーターです。

それでは、トレステ EasyLanguage(イージーランゲージ)でプログラムを作っていきましょう。

これらの言葉をプログラムでどう表現すれば良いか調べます。

値幅、前日の値幅、値幅5日平均、値幅20日平均を表示する。』を調べていきます。

  • 『値幅』は、『高値と安値の差』になるので『high-low』。
  • 『前日の値幅』は、『前日の高値と前日の安値の差』なので『high[1])-low[1]』。
  • 『値幅5日平均』は、上の手順で5日分の各値幅をだしてそれを足し、5で割ったもの。
  • 『値幅20日平均』は、上の手順で20日分の各値幅をだしてそれを足し、20で割ったもの。

では、プログラムしていきます。

  1. 事前変動宣言valueを使って、値幅の式を代入する。
    Value1 = high-low; //値幅
  2. 同様に、事前変動宣言valueを使って、前日の値幅の式を代入する。
    Value2 = high[1]-low[1]; //前日の値幅
  3. 同じ手順で20日前の値幅まで作っていく。
  4. 5日分の値幅ができたら、それを5で割って5日平均を出す。
  5. 20日分の値幅ができたら、それを20で割って20日平均を出す。
    ここまでをプログラムすると

Value1 = high-low; //値幅
Value2 = high[1]-low[1]; //前日の値幅
Value3 = high[2]-low[2];
Value4 = high[3]-low[3];
Value5 = high[4]-low[4];
Value6 = high[5]-low[5];
Value7 = high[6]-low[6];
Value8 = high[7]-low[7];
Value9 = high[8]-low[8];
Value10 = high[9]-low[9];
Value11 = high[10]-low[10];
Value12 = high[11]-low[11];
Value13 = high[12]-low[12];
Value14 = high[13]-low[13];
Value15 = high[14]-low[14];
Value16= high[15]-low[15];
Value17 = high[16]-low[16];
Value18 = high[17]-low[17];
Value19 = high[18]-low[18];
Value20 = high[19]-low[19];

Value21 = (Value1+Value2+Value3+Value4+Value5)/5; //値幅の5日平均
Value22 = (Value21+Value6+Value7+Value8+Value9+Value10+Value11+Value12+Value12+Value13+Value14+Value15+Value16+Value17+Value18+Value19)/20; //値幅の20日平均

*他にいい方法がありそうですが、地道にこのやり方でいきます。

プロット文で各値を表示します。

Plot1(Value1,”当日の値幅”);
Plot2(Value2,”前日の値幅”);
Plot3(Value21,”値幅の5日平均”);
Plot4(Value22,”値幅の20日平均”);

実際のプログラム

Value1 = high-low;//値幅
Value2 = high[1]-low[1];//前日の値幅
Value3 = high[2]-low[2];
Value4 = high[3]-low[3];
Value5 = high[4]-low[4];
Value6 = high[5]-low[5];
Value7 = high[6]-low[6];
Value8 = high[7]-low[7];
Value9 = high[8]-low[8];
Value10 = high[9]-low[9];
Value11 = high[10]-low[10];
Value12 = high[11]-low[11];
Value13 = high[12]-low[12];
Value14 = high[13]-low[13];
Value15 = high[14]-low[14];
Value16= high[15]-low[15];
Value17 = high[16]-low[16];
Value18 = high[17]-low[17];
Value19 = high[18]-low[18];
Value20 = high[19]-low[19];

Value21 = (Value1+Value2+Value3+Value4+Value5)/5;//値幅の5日平均
Value22 = (Value21+Value6+Value7+Value8+Value9+Value10+Value11+Value12+Value12+Value13+Value14+Value15+Value16+Value17+Value18+Value19)/20;//値幅の20日平均

Plot1(Value1,”当日の値幅”);
Plot2(Value2,”前日の値幅”);
Plot3(Value21,”値幅の5日平均”);
Plot4(Value22,”値幅の20日平均”);

これで終わりです。

*値幅がこれでわかるので、トレステにもともと入っているインジケーター分析テクニック『売買スプレッド』リアルタイムの買い板と売り板の差を出しておけば、
値幅がこれくらいで、この売買差があるんだ、だったら値幅有るけど板薄いんだな~とかがわかるので同時に表示するのがおすすめです。

Follow me!